かじるバターアイス!濃厚バニラでちゃんとバター!気になるカロリーは?

はじめに

ガリガリ君でお馴染みのあの赤城乳業から緊急アイス速報が入った!あの話題商品、かじるバターアイスが9/14日より再販決定とのこと!

今年2月に発売した際、SNSを中心に話題となり、瞬(またた)く間に売り切れとなった幻の商品だ。このときに買えなかったため、次こそは!と思っていた。

さっそく購入!

さっそく近所のコンビニへGo!そしてアイスコーナーへ!お試しで3本ほどGetしたぞ!

なお1つミスに気が付いたのが、自転車で買いに来てしまったということ。ご近所といっても徒歩5分はかかる。そこはもうラピュタの40秒で支度しな!ばりにいそいそとカゴにセッティングして(写真撮るという無駄動作入れて)猛ダッシュで帰宅するのであった。

【2021/9/18 追記】おかわり購入!

当日9/14は山積み状態だったが、9/18時点、まだ数本ほど残っていた。売れ行きは上々のようだ。数量限定なので気になる人はお早めに!

ストレートな商品名!

「かじるバターアイス」はバターのコク深い味わいと特有の風味を再現する為に、北海道産生乳から作られた発酵バターを使用。バターを丸かじりできたら面白い!というアイデアで生まれた商品だ。

斬新なパッケージ!

出展:雪印メグミルク/赤城乳業

パッケージに注目。バターと言ったら、雪印!(今は雪印メグミルク)。おなじみの黄色いパッケージに北海道マークだ。一方、アイスのほうは?デザインは全く別物だが、配色だけでなんとなくバターをイメージできてしまうのが素晴らしい。

バターが棒にささってる!

そのイメージのままに開封!たしかに、バターが棒に刺さっている!!!まずはそう見えて、それから(本物はもうちょっと黄色がつよいかな?などと)こんどはバニラアイスに変化してゆく。でもバニラアイスは大抵はカップに入っているイメージで、棒ってのがすでに見慣れない感覚である。

それと、お尻のなめらかな凹凸の丸み。アイスはここから溶けはじめるので原型のまま持ち帰れたことに一安心。

一口かじってみる!

んん、これはたしかにバター!?いやバニラ!?交互にやってくる不思議な味わい!!

正直なところ、バター風味のアイスだろ?って舐めていた部分があったので、そこは軽く超えてきた。でもバターほどフルボディーではなく、さっぱり、あっさりしているので、パクパクと食べ進められる。そもそも、バターを丸ごと食べる習慣がないので、なんとも不思議な感覚だ。そこでふと思ったのが、もし仮に、直にいくものだとしたら、どのような食べ方(フォーム)になるだろう?

正式な食べ方は!?

きっとこう。ナイフとフォークで一口サイズに切って上品に食べるはずだ。パスタ皿ではちょっと大きかったか。

これでインスタ映えするかな?!(※やっていません)。お皿をとっ換えているうちに、表面に鱗雲のような縞模様が出たかと思えば、そこからは秒で崩れていく。普通のアイスより溶けやすい。アレンジレシピは注意が必要だ。

リストランテ「acquapa(アクアパ)」

シェフ、この料理は?

 
 
アクアパ
アクアパ

季節のバターアイスでございます。

美味しいです、このソースは?

 
 
アクアパ
アクアパ

それはただの溶けた汁でございます。

コーヒーフロート!

まず、ドイツでは生クリームを乗せて飲む。ウインナーコーヒーと呼ぶ。カフェオレよりもコクがあって、滑らかな味わいだ。また、バターコーヒーというものもある。グラスフェッドバター/MCTオイルという特別な油を加えて作る、健康志向・ダイエット志向のコーヒーではあるが、ともかくバターとの相性はよさそうである。

これにヒントを得て、フロート(浮かべて)してみたら!

一口飲んで、やっぱりね!これが合わないわけがない。生クリームっぽさもあり、アイスクリームでもあり、バターでもある。コーヒーと相まってとてもクリーミーである!少量(カケラ)でも十分に感じられるので、これはちょっと試してみてほしい。

気になるカロリーは

濃厚バニラにバターのコク。味からしてもう高カロリーだとわかってる。しばらく控えよう。そう思って裏面の成分表示を見ると、

同価格帯と比べてみた!

以下の表は同価格帯(ライバル商品)と、比べてみたものだ。内容量(g)はそれぞれ異なるので、フェアではないが、アイスは1本食べきるのが普通だと考えたら、このほうがわかりやすい。

商品名赤城乳業かじるバターアイス明治エッセル森永MOWLOTTE爽
内容量75ml200ml140ml190ml
エネルギー140kcal374kcal225kcal230kcal
たんぱく質2.3g5.6g4.3g3.2g
脂質8.8g23.4g10.2g11.4g
炭水化物13.2g35.3g28.9g28.6g
食塩相当量0.11g0.22g0.12g0.18g
どれも140円(税別)※2021/9/17調査時

こうみると、他のアイスより量が少ない分、ヘルシーだともいえる。それでいて食べ応えは満足なのだ!

おわりに

いかがでしたでしょうか。赤城乳業と言えばやはり「がりがり君」!かき氷を棒に固めたようなシャーベットで、シャリシャリしていて、色々な味が楽しめてとても好きです。

今回のは、それとまったく真逆のアイスクリーム。こっちもイケるのか!!と驚きを受けました。濃厚バニラにバターの味も手伝って、同価格帯にはないクオリティーに仕上がっています。

かじるバターアイス。SNSで話題になるわけです!ぜひ一度この感動を味わってみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です