動画変換ソフトでYouTubeやニコ動ダウンロード!危険なDLサイトはもう卒業!

はじめに

お気に入りの動画を手元に保存しておきたい!配信期間中にダウンロードしておきたい!YouTubeやニコニコ動画をダウンロードするとき、みなさんはどのようにしていますか?僕も今まではダウンロードサイトにお世話になってきました。何回か使えば肌感覚で分かるのですが、無名サイトや初見のサイトは本当に危険がいっぱい!ヒヤヒヤする体験もしました。でも今日でオサラバできる?!

今回は、あらゆるサイトからダウンロード可能な多機能ソフト「HD Video Converter Factory Pro」をご紹介したいと思います。

今回はPR案件( WonderFox 社)

まずお伝えすべきことは、今回はWonderFox社のソフトウェア提供によるPR案件。 レビュー記事書くだけで製品GETっていうし、これを使えば動画作成の素材集めに、わざわざDLサイトを駆け回る必要なくなる!というメリットもあったため、ちょうどよく引き受けさせていただくことにしました。

景品版をプレゼント!

WonderFox社の恩恵で読者のみなさんにも景品版ライセンスをご提供します。 (期限:2021/11/30日) 現在のVer(24.2)として、ほぼ製品版と同等の機能が使えるライセンスコードのようです。しかし今後一切アップデートされないため、期間限定の製品版と思ってください。

インストール!

さっそく公式ページからダウンロード。

  • ①無料ダウンロードをクリック
  • ②インストーラがダウンロードされ
  • ③ダウンロードフォルダに保存される

そしてインストール。

製品が起動したら、先ほどの景品版ライセンスを打ち込んで準備完了。

メインメニュー

メインメニューから「変換」、「ダウンロード」、「録画」、「GIF作成」、「ツールボックス」を選んでスタートするようです。

ダウンロードの実力は!?

このソフトの強みであるダウンロード機能。その実力はどれほどなのか?主要サイトを試してみました。

YouTube

出展:Googleチャンピオンアイランドゲーム プレイ動画より
  • ①URLを張り付けて、分析
  • ②好みの解像度を選択し、OKを押す
  • ③ダウンロードが開始し、
  • ④フォルダに保存される

Twitter

出展:鳥羽水族館公式ツイートより

Twitterも同様の手順でダウンロード可能。

niconico(ニコ動)

こちらはひと手間あったが、問題なくダウンロードすることができます。

出展:とある中級の将棋放送(sm26834373)
  • ①動画を右クリック「http→hlsに変換」、「システムメッセ―ジ」から、
  • ②変換後のURLをコピーし、
  • ③貼り付けて、ダウンロード
  • ④フォルダに保存される

公式サイトによれば、動画フォーマットの仕様変更があり、直接URL指定できなくなったようだ。 HLS(HTTP Live Streaming)という動画規格を採用 しており、構成ファイルが複数に分散しているため、このようなツールでないとダウンロードがとても難しいです。

その他(TVer、Gyao!)など

今回は割愛させてもらいましたが、TV配信サイトにも対応しています。

いまやTV業界も過去放送をストリーミング配信する時代。NHKでさえも、スマホアプリの導入をはじめている。もうDVDやブルーレイに録画する時代は終わったのかもしれません。

HD Video Converter Factory Proは、URLを利用することでウェブ動画をダウンロードできます。YouTube、TVer、Twitter、Gyao!、Dailymotionなど300以上の動画共有サイトから動画(HD動画、4K動画、VR動画、MV、M3U8動画など)、音楽、字幕をダウンロードできます。チャンネルやプレイリストを一括ダウンロードすることもサポートします。

出展:HD Video Converter Factory Pro ネットから動画をダウンロードするには?

著作権に注意!

ただし、ネット動画のダウンロードには著作権が付きまとうので注意が必要だ。法的には、それ自体が違法動画でなく、個人で保存して鑑賞するのだったら問題ないことになっている。

しかし、YouTubeは話が違ってくる。サイト利用規約により公式または投稿者がOKを出している動画のみに限られているのだ。それ以外は著作権侵害に当たる可能性もある。なので気になる動画はコメントを利用して聞いてしまうのも手だと思う。返事の保証はないが、無断転載や商用利用でなければ大概の場合はOKしてくれると思う。(僕ならする)。というわけで、今回の素材は自由に扱ってくれて構わない。(でも需要はない)。

できなければ録画!

対応外(対応の必要なし)のサイトもある。例えばAmazonPrimeビデオ。こちらは、タイトルのページURLは表示されるが、されてもその先の動画URLまでは取得できない。だめもとで張り付けて「分析」にかけてみても、

食戟のソーマ(C) 附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会
「Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です」

こういうときは、メインメニューに戻って、「録画」を選択。これなら、画面に映ったものを直接キャプチャ(録画)するので 手元で再生さえできてしまえば、すべて動画にできるのだ。

食戟のソーマ(C) 附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会
  • ①ウインドウモードを選択し、
  • ②録画する範囲を囲い、
  • ③RECボタンを押すとカウントダウンされ、
  • ④動画が保存される

画面が黒抜けになる場合

一つ注意点は、描画の設定により、黒く抜けてしまうことがある。NVDIAやRAODENなどのグラフィックボードを使って、GPUでダイレクト描画している場合に発生する。そんなときはブラウザの設定を見直そう。

食戟のソーマ(C) 附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会
  • ①黒抜きになってしまったら、
  • ②設定→システム→ハードウエアアクセラレーションをOFFにする

ちなみに著作権だが、AmazonPrimeはダウンロードOK。本家サイトには動画の横に、ダウンロードボタンが付いているのだ。だから録画する必要もなかったのだが、機能説明のため紹介させていただいた。

豊富な変換フォーマット

通学や通勤中にスマホで楽しみたい人もいるだろう。地下鉄やトンネルの中でも途切れることなく快適に視聴できて便利である。ダウンロードした動画を、持ち運びできるように変換しよう。

再びメインメニューに戻って「変換」を選択。ここで豊富な変換フォーマットを選ぶことができる。

・動画フォーマットを変換して、容量(サイズ)を圧縮する
・スマホで視聴できる形式に変換する
・動画から音声に変換する

上の例のように、
①動画形式を選び、豊富なフォーマットを選ぶことができる(次世代H265形式も可能)
②スマホ(アップル)を選び、形式に合ったフォーマットにして持ち運べる

DLサイトに潜む危険

さて、もう一つのテーマであるが、このソフトを使用するまでは、DLサイトにお世話になっていた身なので、今更やめた方がよいなんて虫の良いことは言わない(言えない)。それでもDLサイトは常に危険が伴うのは身に染みて感じている。慎重にアクセスすべきだと伝えたい。

危険を回避するために、僕が行っていたことは、

  • ①検索上位サイトで複数のブロガーが紹介しているDLサイトを利用する 。
  • ②ネットの情報や口コミなどを下調べする。
  • ③無名サイトや初見サイトは避ける。
  • ④youtube、niconicoに合わせて、1つのDLサイトに厳選する。

そうして、安全そうだと判断したものにアクセスする。(それも気休めに過ぎないのだが)、危険な匂いをかぎ分けるスキルも必要である。

不快な広告、フェイクリンク

と言っておきながら、やってしまった例。こちらはとあるTwitter動画のDLサイト(うっかりアクセスしてしまった!)。開いたとたんに不快なポップアップ!それを閉じて下の検索ボックスにURLを打ち込もうとしたのだが、これがフェイク(画像)!!クリックすると、たちまち海外のカジノサイトに飛ばされてしまった。

スパイウェア、マルウェア

DLサイトの中には、専用のダウンローダーで高速に保存できる!などと言葉巧みにインストールを要求してくるサイトもある。これには絶対に従ってはいけない。スパイウェアやマルウェアが入っている危険性が高い。

DLサイトのメンテ待ち

DLサイトのメンテにより、突然使えなくなるリスクもある。こちらはnicozonというニコ動のDLサイト。この記事のためにお試し利用してみたのだが、URLを張り付けて読み込んだ動画の先で、左下に小さく表示される「動画保存」をクリックしたところ、javaスクリプトエラーとなってしまった。右下の説明を見ると、ニコ動に仕様変更が入ったためとある。新しいブックマークレットに入れ替えるとバグが解消されて保存できるかも??(かもってなんだ?!)と文句を言ってはならない。有志の方がご厚意でやっているサービスなので、DLできたら御の字なのだ。

スキル・知識

この後、ブックマークレットでの保存方法というものを、小1時間かけて理解しようとするも、結局できなかった。こういう場合、ある程度のスキル・知識がないと、ダウンロードの入り口にも立てないのだ。

アクアパのスキルが足りなかったのか(そうだと思うが)、はたまたDLサイト側が仕様変更に追いついてなかったのか、結局、有耶無耶(うやむや)のまま終わってしまった。

時間と労力

でも目の前にご褒美が転がっているのに、なかなか諦められないよね!!今回はどうでもよい動画だったが、そうでなかったら、根気よくまた格闘してしまうかもしれない。大きな声では言えないが、僕は自身の過去配信を動画ネタにしたくて、3日格闘したことがある。なんとか勝てたけど、もしやられていたら時間と労力だけ消費する。悔しくて夜も眠れない。

アクアパ
アクアパ

勝ち負けで考えるところ、終わってる。

動画変換ソフトのメリット

最後に、このソフトの強みをご紹介。基本的にDLサイトの裏返しである。

安心、安全

HD Video Converter Factory Pro を開発しているWonderFox社には歴史と実績がある。

WonderFox Soft, Inc. (www.videoconverterfactory.com/jp/) は、2009年に設立された、動画/音声の変換&動画編集などに関するマルチメディアソフトウェアソリューションに特化したソフトウェア会社です。優れた品質とサービスにより、世界中に約1000万人のお客様にご愛用いただいております。

WonderFox社 会社情報 https://www.videoconverterfactory.com/jp/about.html

サポートが充実

ソフトアップデート

現時点(2021/11)の HD Video Converter Factory Pro のバージョンは24.2。これまで数々のアップデートを行ってきています。永久ライセンスなら、常に最新の状態にアップデートされます。
また、ダウンロード機能で「分析」をクリックすると、稀に「ダウンロード機能をアップデートしています」と表示されるので、動画サイトに合わせて最新のパッチが当たっているのではないかと思われます。

充実したマニュアル

公式サイトには数百を超えるブログ記事が、マニュアルとなって公開されています。本記事で扱ったniconico動画をダウンロードする方法も、こちらを参考にしました。メジャーなサイトから、マイナーなサイトまで、かなり記事があります。週1ペースで更新されつつも、内容はちゃんと読者を解決に導くもので好感が持てました。

サポートセンター

WonderFoxはお客様に最高の製品とサービスを提供することに努力しています。何かご質問やご意見があれば、お気楽にご連絡ください。すべてのお問い合わせは、24時間以内に(土日、祝日含む)対応いたします。無料お試しのお客様も、24時間対応サービスをご利用いただけます。ご遠慮なくご連絡ください。

WonderFox社 サポートセンター https://www.videoconverterfactory.com/jp/support.html

無料お試しのお客様もテクニカルサポートを受け付けるって、頑張りすぎじゃないですか??寄せられるおよそ80%の質問が、すでにマニュアルになっているそうです。

永久ライセンス

公式サイトでは、2021/11時点(まだ)ハロウィンセールをやっています。来月はクリスマスセールになると思います。しかし、そこで永久ライセンスを50%OFFで購入しても3,880円!ところが、景品版から正式版にアップグレードするのであれば、3,000円切るのです。こっちのほうがお得でしょう。

公式より、DLサイトより安い!

かたや、公式のyoutubeプレミアムは月およそ1200円、youtube特化のDLサイトは、月800円かかります。対して動画変換ソフトは永久ライセンス!、3~4か月で元が取れちゃうと考えたら、安いと思いませんか??

今後に期待する点

今回、このソフトを使ってみて、機能面は思ったことをすべてレビューに言い出せたつもりです。残るは見た目なのですが、ここは残念な点が多いので言わせてもらいます!(これ、レビュー通るかな・・)

GUIが残念!、日本語おかしい!

2009年からリリースした貫禄というのだろうか、そこからGUIの成長が止まっているように感じる。もっと現代風のフォントにするだとか、外見だけ別のコードに乗せ換えるだとか、動画変換ソフトなのだから見た目にも力を入れてほしいと思う。せっかく、中身の変換エンコードやダウンロード分析に独自の優れた技術を使っているのに、見た目で離れていくひとも少なからずいるはずだし、それは勿体ないことだと思う。

そして日本語!!タスク完了のたびに、「任務が完了しました!」って言われても、こちらは「うむ、ご苦労であった!」と言ってあげればよいのか??世界中で使われているからこそ、そこは違和感のない言葉に仕上げてほしい。

おわりに

いかがでしたでしょうか。 HD Video Converter Factory Pro は動画編集できる多機能ソフトですが、やはりこのソフトの強みは長年培ってきたノウハウのダウンロード技術、そして変換(エンコード)技術にあると思います。PR案件ですが、そこは正直にレビューしたつもりです。まずはお手元に取って、お使いのDLサイトの代わりになるか、お試ししてみればよいと思います。景品版は動画の長さ(5分制限)なく、快適にダウンロードできるでしょう。気に入ったら購入をご検討ください。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です