【BenQ】GW2780 購入レビュー!ひたすら目に優しい!アイケアモニタはBenQしか勝たん!!

はじめに

ひたすら目に優しいモニタで有名なBenQ。去年の年末に購入して2週間使いましたが、間違いなくベストバイ!

他のモニタと迷ったりもしましたが、やはり最後はBenQでした。

このモニタの素晴らしい点を皆さんにお伝えできればと思います!!

きっかけは

前回の記事でデスクトップ環境を移動したことを話しました。

すると今度の部屋は、一日中、日光が差し込んでくるんです!

今使っているモニタはノングレアながらガラスっぽいパネルに
なっていて、反射して見ずらい!!

映り込みがハッキリと!あの車のおもちゃは何だ・・・

障子でブラインドすれば軽減するけど、最終的には、

アクアパ
アクアパ

自分が角度をつけて動いている感じなのよ

まるでヒマワリね!

 
 

さすがに買い替えを決意したのでした。

最近のトレンド

ここ数年、モニタはぐっと進化している様子。

  • 美しい・・・ノングレア、IPS液晶、高視野角(175度)、高精細(4K)
  • アイケア(目に優しい)・・・ブルーライト低減、フリッカーフリー、自動照度調整
  • ゲーミング・・・応答速度、リフレッシュレート

このあたりがキーワードのよう。

アイケア(目に優しい)とは

気になったのがこちらのワード。

そりゃ当然、目に優しいほうがいいですけど、お高いんでしょ?
いいえ、エントリーモデルから標準搭載です。最近の主流ですので。
では一体どんな機能なのか。

ブルーライト軽減

文字通り、ディスプレイから発生するブルーライトをカットして、目が受ける疲労や刺激を軽減する機能。

フリッカーフリー

ディスプレイは毎秒250回の割合でチカチカ点滅を繰り返している。肉眼では確認できないが、目は確実にダメージを受けていて、疲れや不快感の原因となる。これを防ぐ機能。

ブライトインテリジェンス

部屋の明るさを、ディスプレイの照度センサが感じ取って、自動的に明るさを調整してくれる機能。

詳しくは、こちらのページを参照ください。

モニタ選びのポイント

まずは自分の用途・目的を確認すること。
ビジネスなのか、ゲームなのか。それでモニタの種類が変わってきます。

BenQのラインナップ
出展:https://www.benq.com

メインは仕事!

僕の場合、テレワークに、そしてブログ執筆用に使いたい。
長時間ワークになるので、目に優しいモニタがいい!

ゲームもちょこっと!

家庭用ゲーム機(PS4やSwitch)は持ってる。HDMI端子で接続する!
TVで大人数プレイすると、端に座る人は見にくくて不利なイメージあるけど、
IPS液晶ならば、映り込みしにくく、とても鮮明!

FPS(鉄砲で撃ち合うゲーム)など、本格的なゲーミングもしたいけど、
自分はプレイ下手とわきまえているからね、
応答速度リフレッシュレートはほどほどで十分。

アクアパ
アクアパ

モニタがよくてもエイム(照準合わせ)はよくならないからね!

不要な機能は切り捨てる!

高望みせず、不要な機能は切り捨てること!

例えば、高額なモニタに搭載される、カラーマネジメント(デザイナやプロカメラマンが使う厳密な色管理)なんか一般人には必要ないと思うのね。10万円するのもあるし、上を見たらキリがない

高精細(4K)モニタもちょっと手が届かないなぁ!という感じで、コスパと相談

最終的にこんな感じのモニタを探そうと思いました。

性能 低          →          高
画面 サイズ 21inch 24inch 27inch
表面 グレア(光沢) ノングレア(非光沢)  
パネル TN VA IPS
解像度 FHD(1920×1080) WQXGA(2560×1600) 4K(3840×2160)
アイケア ブルーライト低減 なし あり  
フリッカーフリー なし あり  
自動照度調整 なし あり  
ゲーミング 応答速度 5ms 4ms 1ms
リフレッシュレート 60Hz 144Hz 240Hz
その他 端子 D-Sub DVI HDMI
スタンド 調整なし 高さ・首振り 回転(縦画面)
付属 なし スピーカ リモコン

 

モニタ候補は

どのぐらいのスペックが欲しいか決まったら、いつもお世話になってるAmazon価格コムでリサーチ

人気商品を比較してみた。

ブランド メーカー BenQ ASUS IO-DATA PHILIPS
製品名 GW2480 VZ249HR LDH241DB 241E1D/11
画面 サイズ 23.8 インチ
表面 ノングレア(非光沢)
パネル IPS IPS ADS IPS
解像度 FHD(1920×1080)
アイケア ブルーライト低減 あり
フリッカーフリー あり
ブライト
インテリジェンス
あり なし なし なし
ゲーミング 応答速度 5ms 5ms 4~14ms 4ms
リフレッシュレート 50~70Hz
その他 端子 D-Sub,HDMI,DP D-Sub,HDMI D-Sub,HDMI D-Sub,DVI,HDMI
スタンド高さ調節 なし
VESAマウント あり なし あり あり
スピーカ あり あり あり なし
価格(2021/01/15時点) 13,800 12,979 10,980 12,980

 

ブライトインテリジェンスは、BenQだけ!

どのメーカーも一線、横並びのような状態だから、どれを買っても同じかもしれない。

けれど僕の場合は「ブライトインテリジェンス!

冒頭で話したように、一日中、日光が差し込んできて、常に明るさが変化する部屋なので、
もしこの機能をケチったときに、眩しいとか、暗いとか。毎回、手動でディスプレイの明るさ調整するなんて!そんなめんどくさいことはしたくない。これが決め手となりました!

27インチもイケるじゃん!

本当にAmazonでポチる直前。ふと、前のモニタが23インチだったことを思い出して、まだBenQの性能を知らない僕は、せっかく購入したのにインパクトに欠けたら面白くないなぁ、と欲張り出し、27インチにとっさに切り替えたのでした!・・・よ、予算内でしたとも!!

アクアパ
アクアパ

画面の大きさがアップしても、基本性能は変わらないからね!

開封してみた!

梱包がキレイ!

Amazonの箱じゃなくて、BenQの箱で届くのね。キレイに梱包されていて気持ちいい!モニタは発砲スチロールにサンドされている。こりゃちょっとやそっとの衝撃じゃ傷なんかつかないね!

男前なマニュアル!

マニュアルを取り出してみると、日本語どころか英語でも説明がない!

「絵で分かるだろ!黙って俺についてこい」と言わんばかり。

・・・分かったやってみる。

組み立てが簡単!

そりゃ完成イメージがついてるからね!

でも取り付けられたねじ回すだけでイケたのは感動。工具要らずなのはありがたい!

ケーブルレス!

配線したケーブルはスタンドに収納できるから、机の上がすっきり!

使ってみた!

これがBenQの発色!

いつも見慣れているWin10標準の壁紙のスカイブルーが一段と美しい!こんな海に潜ったような色だったのか!

ThinkPad X280とBenQ GW2780のデュアルディスプレイ

そして27インチでも全然大きさが気にならない!これが厚さわずか6mmのウルトラスリムベゼルの恩恵!

光が差し込んできても

全然美しい!むしろその方が美しい!IPS液晶だから反射も映り込みもしない!もうどんどん差し込んでくれ!

ブライトインテリジェンスは?

モニタ下底にあるスイッチを押すとメニューが飛び出し、各種設定ができる。

輝度自動調整(ブライトインテリジェンス)をON(輝度センサー)にすると、手動で明るさ調整ができなくなるが、

部屋の明るさに応じて、都度アイマークが出現し、明るさの補正がかかる!好みの明るさを常に保ってくれるので本当に便利!

補正のたびにアイマークが出たら鬱陶しいので、普段は出ない設定にしている。

おわりに

このモニタ、本当に買ってよかった!!!
テレワークが、ブログ執筆が、本当に捗るんですよ!目に優しいと、体も疲れにくいのです!

Amazon Primeでアニメ鑑賞しても、27インチの大画面に映し出されるその美しい映像と迫力は今までのものと比べ物になりませんし、Switch繋いで大人数でマリオカートも楽しく遊ぶことができました!

そんなBenQのモニタですが、新年の初売りで後継機種に大きく値下げが入っています!!

「HDR+」、「ブライトインテリジェンス+」といったパワーアップ機能が付いていて実はちょっとうらやましいです。買い替えのタイミング、ちょっと早かったかな。。

ともかくBenQのモニタ、これはオススメします!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です