【快適テレワーク】複数のPCを1台のモニタで!キーボード/マウスも1つで操作!

はじめに

とうとう緊急事態宣言、出ちゃいましたね。コロナの収束が見えないので、テレワーク環境の構築に力を入れようと考えてる方もいるのではないでしょうか。

複数のPCを1台のモニタに映すようにして、同時にキーボードとマウスも1つで操作できるようにしたら幸せすぎました!!おまけにデュアルディスプレイにもなっています!
テレワークがとても快適になったので、皆さんにお伝えしたいと思います。

どんな構成?

まずは構成図

こんな感じで実現します!

ポイントは、HDMI切替機を使ってモニタをスイッチするところと、bluetooth対応のキーボードとマウスを使ってスイッチするところです。

メリットは

この環境を構築すると、

  • PCの切り替えがタイムリーに!
    • 3秒ほどで、PCからPCへ制御が切り替わります
  • コスト削減に!
    • キーボート/マウスが1組でOK
  • 省スペースに!
    • bluetoothで接続で机の上がケーブルレスです
  • 作業効率UP
    • デュアルディスプレイで効率UP!
アクアパ
アクアパ

ほかにもメリットがありそう!

デメリットは

仕事PCとプライベートPCの垣根がなくなるので、自己管理できないと能率が落ちる可能性もあります

上司
上司

仕事中にプライベートPC見るなんて何事か!!

ただ、テレワークが加速している現代では、LINEやSLACKといった、複数人とグループ内で活発にコミュケーションできる業務用のチャットツールを持たされることが多々あります。

スマホを開けば、業後でも、仕事のメッセージが目に飛び込んでくるし、それで対応が必要な場合もあるので業後とプライベート時間の境がなくなりつつあるのです。

逆にオンサイト側の会議が長引いて、リモート側が「待て」を要求される(隙間時間が生まれるケース)もありますね。テレワークなんて、そうそう歯車よく回るものではないですよね。
1日をトータルでみて働くことも重要と思うんだけどな。

アクアパ
アクアパ

一日中ダラダラ働くぐらいだったら、メリハリ出して働きたい!
そこんとこうまくやろうぜ?

準備するもの

ディスプレイモニタ

ひたすら目に優しいモニタで有名なBenQ。
部屋の明るさに応じて、自動でモニタの明暗を調整してくれる
ブライトインテリジェンス機能はとても重宝してます!

HDMI切替器

3to1(入力3:出力1)のもの。

出力端子にHDMIケーブルが付いているタイプもあるが、それだとレイアウト変更するときにうっかり長さが足りないとか融通が利かないシーンも出てきそうなので、ケーブルの付かない箱型をチョイス。

HDMIケーブル

うっかり買い忘れないように。3台構成なら4本。長さに注意しよう。

ワイヤレスマウス

bluetooth接続であらかじめ3台のPCを登録し、Easy-Switchで簡単切り替えできるのがこのマウス。
個人的にはSwitchがフロントの親指部分にあり、操作性◎!!

ワイヤレスキーボード

マウスと同じく、Easy-Switchで簡単切り替え。

パンタグラフ方式で、打鍵感はそんなに気持ちよくないけど、この機能と値段を考えたら十分っしょ!
普段よく使うF1~F3キーにSwitchが割当たっていて使い物にならなそうだけど、FNキーと同時押ししなければSwitchしなくなる設定があるので問題なし!

いざ実践!

簡単3ステップでスイッチング!

before(デュアルディスプレイで青いWindows画面が映っている)
  1. キーボートをスイッチして、
  2. マウスをスイッチして、
  3. HDMI切替機をスイッチする!
3つボタンを押すだけ!

すると!

after(別のPCに移ったあああ!!)

さくさく切り替えて作業できます!!

2ステップに省略することも!

ここで活躍するのがLogicool製のキーボートとマウス。Logicool Flowに対応したものであれば、Logicool Optionという付帯ソフトをインストールして、PC間で認識合わせを済ませておくと、
なんとマウスを画面の端に寄せるだけで、キーボートとマウスが連動してSwitchするのである!!

セキュリティが心配

しかし、Flowにはデータ転送機能も付いてくる(優秀すぎて困る!!)。同一LANであればPC間でファイルのやり取りができてしまうのである。

Logicool 社独自のプロトコルでやっている様子。付帯ソフトのオプション設定でデータ転送だけ無効にすることもできるようである。そこは周辺機器トップのLogicoolだから信頼して間違いないのだが僕が心配しているのはそこではなくて。

取引先のPCにインストールされたセキュリティ監視ソフト(SkySeaなど)が誤検知してしまえば、
たちまち情報漏洩したとして晒し者になるリスクがあるので、僕はとても怖くて使えない。

アクアパ
アクアパ

ちゃんとテレワークに潜む情報漏洩リスクを考えているんだなと
上司の評価を挽回しておきたい

おわりに

いかがでしたでしょうか。

よく目にするのは、マルチモニタやトリプルモニタにして、画面を広く使うことで作業効率Upさせるものですが、その斜め上を行った環境に仕上がったと思ってます。

テレワークではセキュリティ観点からPCが会社で支給されることが多いですし、派遣社員となると、会社PCと、取引先PCの2台を持つようなこともあります。

取引先の業務と並行して、会社に進捗メールをサクッと打つ!仕事効率Upだと思うし、出来たらカッコいいですよね!

仕事を効率よくこなしたい、出来ればプライベートも充実させたい。同じような悩みを持つみなさんに共感いただけたなら幸いです。

自分に合ったテレワーク環境を見直してみませんか?!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です